OUTDOOR+

アクセスカウンタ

zoom RSS 執念の石

<<   作成日時 : 2011/12/06 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

川中島古戦場跡に開設された八幡原(はちまんぱら)史跡公園。その一角にある八幡社の傍らに、執念の石が祀られています。

画像

執念の石

武田・上杉両軍三万余の死闘を展開した川中島合戦の最中、作戦の失敗から緒戦の劣勢を余儀なくされ、身辺が手薄となった武田信玄めがけて切り込む上杉謙信の鋭い切っ先に、あわや信玄も八幡原の露と消えようとした間一髪、武田軍の中間頭原大隈が、傍らにあった信玄の持槍、青貝の長柄を取って馬上の謙信をめがけて、ひと槍突き出した。苛立った槍は鎧の肩の上にそれ、残念なりと返す槍で謙信の鎧の肩を斜右上から力いっぱい打下したが、またも外れて馬の三頭をしたたか打ったので、馬は驚き跳ね上がってその場を狂奔し去ったため、信玄は危うく虎口を免れることができた。一方謙信を取り逃がし、無念やるかたない原大隈は、傍らにあったこの石を槍で突き通したといわれる。

長野市  (以上、原文どおり。)


画像

【参考】 (財)ながの観光コンベンションビューロー 長野市「信州・風林火山」特設サイト 川中島の戦い
"執念の石" ⇒ http://www.furin-kazan.jp/nagano/shiseki/entry/000604.php


画像

飛将軍李広の故事によった「石に立つ矢」、その日本版といったところでしょうか・・・。


mikomai




本文はここまで。引用した海外サイト等の安全性は掲載時に一応確認してありますが、リンクの開閉については自己責任でお願いします。トラックバック用URLは一番下に。

Bookmark and Share


RSS twitter flickr Youtube twilog 和敬清寂 somewhere Azusagawa 赤い傘とエトセトラ
twitter Pinterestfacebooktumblr KamiyagawaOld Days 四季徒然 FIELD WORK








Google
WWW を検索 OUTDOOR+を検索


track feed OUTDOOR+


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
執念の石 OUTDOOR+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる