アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花」のブログ記事

みんなの「花」ブログ

タイトル 日 時
雨の音
雨の音 雨が降る音は水滴が物に当たる音の集積でできているのではないか、という仮説を検証するショートムーフィルム『雨音の由来』。東京のデザインスタジオ tha が制作した映像で、NHKの”テクネ 映像の教室”の中で放送された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/07 21:31
荷花流水
荷花流水 雨后荷韵 より。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/21 23:39
蜂はどこに...?
蜂はどこに...? Steffi Au Fotografie から。どこかに可愛い蜂が...。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/25 23:01
富士市公式サイトの富士山壁紙集から
富士市公式サイトの富士山壁紙集から 静岡県富士市の公式ウェブサイトにある富士山壁紙集には、月毎に2枚の壁紙が掲載されています。そのうちから季節の花が入った4枚。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/07 23:53
野に咲いていた花 八種
野に咲いていた花 八種 三月の野に咲いていた花の写真を、画像サイズ変換サービスIMAGE440で横幅を500pxに縮小する形で合わせてみました。サイズ変換と同時に画質と解像度を落とすこともでき、画像のキメは多少粗くなりますがその分必要なデータ容量も少なくて済みます。この八枚の画像は画質70%解像度72dpiに落とし、補間バイキュービック(超)で作成したものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/28 22:18
無題
無題 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/11 23:18
晴れの国おかやまの風景壁紙
晴れの国おかやまの風景壁紙 岡山県のホームページから。画面右半分が四季折々の風景写真で、左側にその所在地を地図で表示。今のところ壁紙は10枚あって、サイズは各々1024×768, 1280×960, 1600×1200の3種類。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/09 23:00
隠し絵 −Beach Rose と Autumn River−
隠し絵 −Beach Rose と Autumn River− なかなかわからない時もあれば、隠れているものが真っ先に目に飛び込んでくることもあります。Coolbubble から。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/22 22:22
22花のタイムラプス
22花のタイムラプス チェコのKatka Pruskovaさんによる、開花の瞬間をとらえた美しい微速度撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/15 23:00
花四種
花四種 撮影日は2011.10.24。場所は和歌山市。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/27 23:59
/////雨/////
/////雨///// タイトル部分に傘の絵文字☂を使用したかったのですが、なぜか化けの皮が剥がされやすいですニャ。数字と記号の羅列に戻ると意味不明になりますので、ここは漢字で・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/30 23:55
和歌山城鶴の渓の紫陽花
和歌山城鶴の渓の紫陽花 久しぶりの和歌山城です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/28 23:41
長野駅東口にて
長野駅東口にて この花はたしか・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/18 23:54
ヤマボウシ
ヤマボウシ 高さ4mほどの山法師の木。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/02 23:58
ゼニアオイ
ゼニアオイ 漢字で書くと銭葵。2011.5.19撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/26 23:41
赤白黄の三色旗
赤白黄の三色旗 ならんだ ならんだ 赤 白 黄色とチューリップの歌に合わせたかったのですが、白いチューリップの写真が揃わなかったのでフリージアで・・。2011.4.21撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/07 22:04
春躑躅に夏皐月
春躑躅に夏皐月 普段はまったく無関心で忘れているのですが、5月になるとちょっと気になるのがツツジとサツキ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/04 23:48
ハナミズキ
ハナミズキ 花水木といえば、やっぱりこの構図かニャ。そ〜らを〜押し上げて〜 2011.4.28撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/01 23:59
リラはライラック
リラはライラック この写真は、2011.4.21の撮影。リラの花咲く頃が、一年でもっとも良い季節といわれます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/24 23:58
三年坂の水仙
三年坂の水仙 和歌山城の南側にある三年坂、その高石垣沿いに植えられている水仙。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/18 18:11
岡の宮から寺町へ
岡の宮から寺町へ 写真が溢れてきているのですが、忙しくてブログにまで手が回りません。花も数種類の花を纏めて更新しないと、とても追いつかなくなってきました。桜の写真を載せるまでには、まだまだチョ〜っとかかりそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/14 23:58
寒緋桜レポートV
寒緋桜レポートV 写真の整理が遅れ気味で、この写真の撮影日は2011.3.20です。どうしてレポートVなのかというと、過去の記事に寒緋桜レポートと寒緋桜レポートUがあったのでその続編の形をとりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/08 23:58
馬酔木
馬酔木 更新するのをスッカリ忘れていた馬酔木の花の写真。撮影場所はみつまたと同じく、紀伊風土記の丘万葉植物園。2011.3.13撮影。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/05 23:53
連翹と高村光太郎
連翹と高村光太郎 空き地に咲いていたレンギョウの花。どうして、高村光太郎がワンセットで出てくるのかというと・・・。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/02 22:51
瑞香に寄せて
瑞香に寄せて 瑞香(ずいこう)は漢名で、和名は沈香と丁子を併せて沈丁花。和漢どちらも、上手い名付け方ですね。写真は紀伊風土記の丘園内にある移築民家のひとつ、旧小早川氏住宅の庭に咲く沈丁花です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/29 23:59
みつまた
みつまた 紀伊風土記の丘の近くにまた行く機会がありましたので、少しの時間ですが立ち寄ってみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/25 23:58
樒の花
樒の花 いつもなら、何も気にせずに通り過ぎてしまう場所。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/22 21:36
さらなる祈り
さらなる祈り 東日本大震災。それに続く福島原発事故。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/18 06:57
春相聞
春相聞 紀伊風土記の丘を訪れたのは、万葉植物園のみつまたが咲いているのではと思ったからです。残念ながらまだ蕾状態で、少し早かったようです。立て札にも見えておりますが、万葉では三枝(さきくさ)という名で登場します。                ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/09 15:45
豊後梅と大王松
豊後梅と大王松 梅の向こうに見えるのが、ダイオウショウ(大王松)です。三月六日、紀伊風土記の丘にて。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/07 17:28
二色のチューリップ
二色のチューリップ トリック写真でも、誰かの悪戯でもありません。チューリップの花の色が二色に分かれて出現する時は、このように縦に真っ二つになるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/01 09:43
小さな蝋梅の木と、狭い場所に咲く水仙
小さな蝋梅の木と、狭い場所に咲く水仙 広い場所に植えられてはいますが、高さ1mにも満たない蝋梅の木。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/07 16:57
これもまた花の写真なり
これもまた花の写真なり これはバラの花を、X線撮影したもの。そう、花のレントゲン写真。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/31 17:54
河川敷にあった手づくりのミニ花壇
河川敷にあった手づくりのミニ花壇 河川敷にほんの少しだけ、白い花が咲いている場所が・・・。近寄ってみると、花のまわりを小石で囲んでありました。公園化されている河川敷なので、ここを遊び場としている子供たちがつくったミニ花壇のようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/26 15:37
The bee orchid
The bee orchid まぁ何というか、とってもユニークな形をしていますニャ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/03 23:11
Angela
Angela 多くの花を咲かせてくれるアンジェラ、もっともお気に入りの薔薇。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/02 19:40
3周年とな?
3周年とな? 明日でこのブログも、3年になるそうな・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/01 21:00
ランタナ
ランタナ 毎年この時期になると、ランタナで溢れている空き地があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/28 23:22
ひとやすみ
ひとやすみ あわてない・・・。あわてない・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/23 23:29
ルリマツリ
ルリマツリ 漢字で書くと、瑠璃茉莉。コピーしてこないと、ちょっとやそっとでは書けない漢字ですニャ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/20 23:31
日の丸写真
日の丸写真 日本国旗の写真のことではありません。画面の中央に被写体がある写真を俗に日の丸写真と呼び、とかく素人扱いされやすいわけです。で、素人ですから、花の場合はほとんど日の丸で撮っております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/10 05:02
白いサルスベリ
白いサルスベリ 百日の長期に渡って、紅い花を咲かせるから百日紅。白い花が咲くサルスベリ、百日白とは何故いわぬ? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/05 22:57
城に咲く花
城に咲く花 和歌山城に咲いていた花。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/01 23:51
白い夾竹桃
白い夾竹桃 雨の日に・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/08 23:50
くすぐりの木
くすぐりの木 猿がすべってサルスベリの別名のひとつ。この別名までシッカリ、夏の季語になっていたような・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/01 23:58
花束をどうぞ♪
花束をどうぞ♪ パロディです。一枚目の花の写真は単なる目隠しで、主役はもちろん次の写真。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/20 23:37
涼風至
涼風至 立秋を過ぎたから、残暑見舞いということで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/09 22:22
街角に咲いていたアガパンサス
街角に咲いていたアガパンサス 街角シリーズ復活。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/09 23:45
アルファベットの分数
アルファベットの分数 クイズの町人思案橋さんのところに、なかなか面白いクイズが載っていました。花の写真はまったく関係なく、ヒントにもなりません。ただの目隠しです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/03 23:44
黄色い花は・・・?
黄色い花は・・・? 黄色い花は、やっぱり撮りやすい感じ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/14 21:09
フリージア
この花とは、とても相性が良いような気がします。どういう相性かというと。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/03 19:15
新サイト構築中なり
メインとなるべきサイトを、WordPressに移しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/21 17:24
桜の咲く頃に往き、木蓮の咲く頃に還る
桜が咲く頃に、奈良に往きました。月日の経つのは早く、まさに光陰矢のごとしですね。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/17 18:38
花が蝶にみえ、星が瞳にみえるとき
春の陽気(妖気?)で気が狂ったのでも、パロディでもない。そのまま。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/13 19:38
Flowers 11〜今を春べと咲くやこの花〜
淡いピンクの花がたくさん咲きはじめると、いよいよ春って感じがします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/21 15:44
Flowers 10〜小さな花2種〜
この間までこの花の名を、憶えていたはずなんだけど。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/04 23:03
Flowers 9〜枝の中に〜
黄色い花が続いたので、今度は白い花。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/25 23:15
Flowers 8〜草叢に咲く水仙〜
草叢に自生していた、黄色い水仙。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/24 23:14
Flowers 7〜蝋梅〜
花の少ない時期に咲く、黄色い花。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/20 23:38
Flowers 6〜黄色い花が目立ってきたけど?〜
暖かくなってきたせいなのか、黄色い花が目立つようになってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/16 23:07
大輪のピンクの花
けっこう大輪の花だった記憶が・・・名前はわかりません。写真はこれ一枚。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/24 23:16
Flowers 4〜ヒトデ?〜
奈良市今市町の帯解寺付近の路上に咲いていた花。10/04撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/19 23:33
Flowers 3〜地を這うアサガオ〜
空き地に咲いていたアサガオ。11/16撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/14 23:05
Flowers 2
花と葉が合っていないような。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/08 23:30
Flowers 1
In just a single flower petal・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/04 23:33
廃屋に咲くヒメツルソバ
おそらく、グラウンドカバーとして植えられたのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/28 23:07
なんとなく、タマスダレ
クリスタルと同じ五文字だから、やはり語呂がいい感じ♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/21 05:14
解けた魔法
オールマイティ呪文で、出現しないはずの広告が。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/17 17:34
ことばな
言葉から花が咲くという、ブログパーツ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 43

2009/09/28 16:38
ハッピーリング
誰が名付けたか、ハッピーリングという名のコスモス。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 55

2009/09/25 20:35
サクラスイッチ
BCMが流れ、桜の花びらが舞う・・・春用のパーツですが、秋に咲く十月桜や冬桜などもあることだし。。。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 30

2009/09/18 14:34
虫の音
季語の話題ではなく、ブログパーツ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/13 19:24
姓名判断ジェネレータ
話題の人を、姓名判断ジェネレータで占ってみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/10 12:05
写真の構図は、いつも適当。
写真はパッパッと適当に撮るので、黄金比とかはほとんど考えないほうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/08 16:46
drawsee
少し季節外れとなった感のある、アガパンサスの花。この花の写真を利用して、ブログパーツにしてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/08/24 13:52
タイトル画像に、もうひとつ画像を乗っけてみた。
花の写真はお飾りですが、いったい何の花でしょうね? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/06 14:33
梔子
夏バテしてきたので、あっさり系で。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/30 19:09
和歌山城の夾竹桃
久しぶりの和歌山城。重文の岡口門から、和歌山城の天守を眺めています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 78

2009/07/23 16:52
白い花を見つめる猫
木陰に置かれた縁台で、涼をとっている猫。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 84

2009/07/20 20:50
moteQ
moteQとは、モテ力(りょく)指数のことらしい。。。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 74

2009/07/18 11:13
ゴーヤーの花
正式な和名は、ツルレイシと言うそうです。漢字の蔓茘枝は、ツルとエダしか読めませんが。。。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 79

2009/07/13 21:51
難問揃いの茶道禅語検定
この蕾は、何の花かなぁ? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/07 20:06
団扇仙人掌の花
行き止まりとわかっていても、つい足が向いてしまう道があります。そこには何らかの花が、いつも咲いているからです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 70

2009/06/28 15:33
バナーを作ってみました
普通に作っても面白みがないので、顔文字でバナーを作ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 30

2009/06/23 17:42
青空に凌霄花
凌霄花は、夏の季語だそうです。凌霄花って、普通まず読めないですよね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 48

2009/06/21 16:55
ヒマラヤから来た姫君たち
ヒマラヤという名の国は、存在しないのですが。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/13 18:55
判官贔屓
雨が降って、大喜びする者と。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/10 18:19
楊貴妃の伝説
歸來池苑皆依舊 太液芙蓉未央柳 芙蓉如面柳如眉 對此如何不涙垂  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/09 08:50
白い紫陽花?
今回の主役は、このお方ではありません。左に小さく写っている白いものにご注目。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/03 17:27
晴・紫陽花散々
雨がよく似合う紫陽花を、よく晴れた日に撮ってみると。。。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/02 05:33
裏参道の山法師
表参道があれば裏参道もあるわけで、ここは東大寺の二月堂裏参道です。坂から見上げる二月堂には、また違った趣があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/31 17:48
東寺〜桜の咲く頃に〜
東寺といえば、やはり五重塔ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/29 22:10
花の色はうつりにけりな・・・
五月に咲いていた四種類の花の写真に、それぞれ題名をつけて遊んでみました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/28 05:51
翻訳パーツをつけてみた
溜まってきたアクセスレポートを整理していたら、Google画像検索の中に中国の簡体字や韓国のハングル文字がけっこうあることに気がつきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/27 19:40
泰山木の花
タイサンボクの花が咲きはじめました。なにしろ15cmぐらいの大きな花ですから、満開になると迫力も満点になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/25 17:55
藪蛇苺の花
ドクダミの白い花に誘われて、ふらふら近寄ってみると。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/22 23:58
赤花夕化粧
この緑と白の世界では、ピンク色をした花はよく目立ちます。ハルジオンの手前に、ポツンと咲いていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/21 23:56
漢国神社
漢国神社という名に相応しく、境内には中国原産の木香薔薇(モッコウバラ)が植えられています。撮影日は5月3日ですが、ちょうど見頃でした。ところでこの漢国神社、どのように読むのかご存知ですか? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/20 23:59
松葉海蘭
小さいものほどピンボケしやすいので、小さい花を撮影するのは超苦手です。細長い茎で直立するマツバウンランは、少しの風でもユラユラと揺れるので尚更です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/19 23:52
綿帽子
タンポポの綿帽子も、ひとつふたつなら可愛いものですが・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/16 23:54
JR山中渓駅の桜
山中渓駅の桜があまりに綺麗だったので、思わず下車して撮った写真です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/14 23:21
桜とゴジラとガメラと
以前ご紹介した養珠寺釈迦堂の近くに、桜の花が咲いていました。3/29に撮影したものですが、ゴジラとガメラも相変わらず金剛力士として活躍しています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/12 23:13
春日大社の砂ずりの藤
砂ずりの藤を見るのをうっかり忘れていたので、5月7日になって慌てて出向きました。生憎の雨模様でしたが、そのおかげで人出が少なかったのは幸いです。重要文化財の南門です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/08 23:56
ミヤコグサ
都草という優雅な名が指し示す都とは、京都(平安京)なのか奈良(平城京)なのかちょっと気になるところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/04 23:00
小手毬
雪がほとんど降らない暖国育ちですので、雪を連想させる花は大好きです。小手毬も、そのひとつ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/02 23:02
黄菖蒲
菖蒲や杜若などのアヤメ科の植物は非常に見分けにくいので、近くを散歩されていた方々に散々尋ねまわったところ・・・どうやらキショウブのようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/01 23:25
ランタナの棘
花の色が変わるため、七変化とも呼ばれるランタナの花。「綺麗な花には棘がある」の例に違わず、ランタナの茎にも細い棘があります。しかし、ランタナの真の棘は、その生命力の強さにあるのかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/30 23:50
From a left sidebar.
このブログはパーツを貼りすぎているせいか、以前から表示スピードに難があります。サイドバーを左右に備えた3カラムにしていますが、左のサイドバーが重いのは致命傷です。最悪のケースですと、中央の記事部分以降が真っ白になることも。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/16 23:53
江戸城芙蓉之間
芙蓉之間というと、なんとなく豪華絢爛なイメージがありますよね。江戸城にも芙蓉之間がありましたが、どのように使われた部屋だったのでしょうか。。。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 12

2008/11/17 23:57
玉簾と南京玉すだれ
時代劇のファンなのでタマスダレの花を見ると、どうしても「南京玉すだれ」をイメージしてしまいます。この両者の名の由来が、前から気になっていましたので。。。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 20

2008/11/06 18:07
花の中の猫
花の中に、猫が隠れています。じっくりと、探してみてくださいね。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 14

2008/10/22 23:58
タンポポと伊賀上野駅
JR伊賀上野駅です。何となく、懐かしい気分にさせてくれる駅ですね。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 10

2008/10/21 23:44
ブログ通信簿の年齢幅は?
久しぶりにブログ通信簿をやってみたら、ニャンと10才になっていました。一番最初の判定は53才でしたから、あまりの落差にビックリです。ところで、このブログ年齢に上限と下限はあるのでしょうか。。。? ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 16

2008/10/10 23:56
赤い花と黒い猫〜無量光寺にて〜
吹上の無量光寺境内に、鮮やかな赤い花がぽつんと咲いています。無量光寺と言えば、あの有名な。。。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 22

2008/10/07 19:43
秋の色はどんな色?
季節に色をつけるのは人それぞれの想いがあって、一概には決められないですよね。今回は途中でチョコチョコ脱線しますので、振り回されないようにご注意願います。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 32

2008/10/04 13:36
百度に多謝
変テコリンなタイトルですが、文法的にはこれで合っていると思います。更新をサボっていたら、検索エンジンにインデックスされなくなったという笑い話です。PCトラブルでの空白期間の穴埋め記事を幾つか更新したところ、検索エンジンにまったく相手にされていないことに気がつきました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2008/10/01 23:43
海紅豆
カイコウズはアメリカデイコというマメ科の落葉低木で、ブラジル原産の外来種です。江戸時代の末期に渡来し、「鹿児島県の木」としても知られています。海を渡って来た紅い豆というのが、その名の由来だそうです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2008/09/23 23:48
ヤドリギのようなアサガオ
アサガオがつるを伸ばして木の枝を這い、日当たりの最も良い場所で咲いていました。つる性植物の面目躍如と言ったところですが、まるでカラフルなヤドリギのようですね。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2008/09/10 23:58
百合〜鉄砲と高砂〜
鉄砲伝来の歴史モノではなく、植物のユリの話題です。トランペットのように花長の長い百合は、すべてテッポウユリ(鉄砲百合)だと思っていましたが違うんですね。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 10

2008/08/24 23:53
夾竹桃と向日葵〜和歌浦御手洗池の夏〜
和歌浦の御手洗池です。池の周囲には、このように夾竹桃が植えられています。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 4

2008/08/20 23:54
無住寺の百日紅
久し振りに、花の話題です。以前、「紫陽花点景」でご紹介した無住の寺に、百日紅の花が咲いていました。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 16

2008/08/18 20:34
不思議池の夏〜花と鳥と亀と〜
不思議池の夏の様子です。懐かしのサッカーの木に、ピンクの花が咲きました。キックする姿は、健在ですね。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 12

2008/08/05 20:41
窮すること無き花〜ムクゲ〜
韓国(大韓民国)の国章にデザイン化されている花は、桜の花だとばかり思っていましたがムクゲ(木槿)だったのですね。ムクゲは一日花ながら、次から次へと花を咲かせるので無窮花(むきゅうか)と呼ばれています。子孫繁栄・国家繁栄に通じるところから、韓国の国花にも制定されているそうです。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 24

2008/07/28 23:55
花畑のウォーリーをさがせ!
再び遺伝の法則を連想しそうな写真ですが、この写真ではなく2枚目の写真をじっくりご覧になってください。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 4

2008/07/20 23:57
メンデルの花壇
街路にある花壇です。次のようなパターンで、連続で植えられています。いかにも意味あり気な並び方に、思わず笑ってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 16

2008/07/19 23:50
天使のトランペット
英名がAngel's trumpetというように、たしかに天使が吹くトランペットに似ていますね。和名を木立朝鮮朝顔(きだちちょうせんあさがお)というナス科の植物で、これで草本ではなく木本であるというから驚きです。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 18

2008/07/17 23:54
夏のコスモス畑
早くも夏バテしてきたので、早咲きの秋の桜でリフレッシュとゆきたいものです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 8

2008/07/11 23:45
笑う紫陽花
笑ってるわけじゃないの〜。暑くて、目が廻っちゃっただけなのよ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 28

2008/07/09 23:52
思斎井に咲く紫君子蘭
紫君子蘭の奥に、思斎井はありました。アガパンサスが正式な名称のようですが、別名の紫君子蘭のほうがこの景色には似合っていますね。根の強さから土の流出を防ぐため、斜面などによく植えられているそうです。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 16

2008/07/06 22:04
根来寺の紫陽花
今回は、まどろっこしい歴史解説や薀蓄はなく、根来寺に咲いていた紫陽花だけを追いかけます。本来の順路とは逆になりますが、駐車場から最も近い大伝法堂の正面石段付近に咲いていた紫陽花です。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 18

2008/07/03 23:52
渦紫陽花と七変化〜和歌浦御手洗池にて〜
渦紫陽花の真っ只中に、一輪のランタナが咲いています。ランタナは別名の七変化のほうが、むしろ有名かもしれませんね。様々な色で楽しませてくれる花ですが、これまた生態系にとって少し厄介な花なんですよ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 14

2008/06/30 19:28
雨の日のコラボ
雨の日の写真に、今回はさらに詩と歌を組み合わせて遊んでみました。さて、有名な詩と歌に、写真がどこまでついて行けるかが問題ですね。ブログが重くて音楽はつけられず、歌といっても歌詞の一部だけですが。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2008/06/29 23:10
布袋葵
小さなため池に、ホテイアオイの花が咲いていました。南米原産の外来種ですが、明治時代に観賞用として日本に持ち込まれたそうですね。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 24

2008/06/28 19:58
矢田峠を越えて〜熊野古道の断片A〜
昨年12月の「熊野古道の断片」の続編です。今度は矢田峠からの下り坂ですが頂上に水道施設があって、こちら側の道はコンクリートで舗装されています。もはや道自体は古道に相応しくありませんが、周囲の景観はその雰囲気を少し残しています。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 11

2008/06/27 20:04
水色の桔梗紋〜花も花なれ人も人なれ〜
道端に咲いていたユリの花を撮ろうとして、偶然に見つけた桔梗の花です。ほら、ユリの向うに小さく写っているでしょう。この桔梗は、水色ではありません。水色の桔梗は、サブタイトルのほうに関連があります。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 16

2008/06/24 23:59
雨・時々晴れ
雨の日は、雨を楽しむことにしています。雨が降らなければ、地球上の生物は皆たいへんなことになってしまいます。降り止まない雨はなく、降り続けたら大急ぎでノアの箱舟を造りましょう。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 14

2008/06/21 23:56
茄子の花
茄子の花の写真一枚だけを載せて省エネ更新するつもりでしたが、ふと茄子の花言葉ってあるのかなぁ?と思ったのが運の尽きとなりました。調べてみると、出てきましたよ。わんさかと・・・。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 18

2008/06/17 23:54
雨・紫陽花色々
雨が降ると、やはり紫陽花です。紫陽花の色は、七変化と言われます。また、紫陽花色という言葉もありますが、それは一体どんな色なんでしょう?個人の好みの差によって、様々な紫陽花色がありそうですね。 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 30

2008/06/15 20:47
里山徘徊
最近は手を入れずに放置されて、竹藪化した里山が多くなってきました。この孟宗竹の竹林は、かなり良く手入れされています。この山の名前が不明なので、単に里山ということにいたしましょう。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 16

2008/06/10 23:56
紫陽花点景
表記するのに紫陽花とアジサイでは、受ける印象が何となく異なります。写真のガクアジサイが、日本原産の本来の紫陽花です。しかし、なぜか改良品種の丸いセイヨウアジサイのほうが、紫陽花という表記に相応しく思えます。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 24

2008/06/08 23:57
泰山木の樹の下で
雨の中を歩いていて、タイサンボクの花を見つけました。蕾の多い中で高いところに、少しだけ咲いています。樹の下まで行って、なんとか花らしく撮れました。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 14

2008/06/05 23:57
浜昼顔と八魂歌碑
片男波にあった浜昼顔です。この浜昼顔を見つけたあとに何気なく松林の中を覗くと、なにやら立派な石碑が見えました。その石碑が、八魂歌碑だったのです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 4

2008/05/29 23:55
朱雀が翔ぶ如く
古代中国の天文学では宇宙を二十八宿とし、東西南北の各七宿に分割しています。七宿の星をつなげて、龍・虎・鳥・亀という動物に見立てました。さらに五行説の発達に伴い、それぞれに色が配色されます。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 12

2008/04/26 23:54
君子蘭
通りすがりの花壇に君子蘭が咲いていたので、撮らせていただきました。ヒガンバナ科の植物ですが、語感がマキャベリの『君子論』にとてもよく似ていますね。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 20

2008/04/24 23:48
関山〜八重桜〜
八重桜といえば、この関山(かんざん)が有名です。昨日の「光と影」では紅白の牡丹の写真に挟まれて窮屈そうでしたので、今回クローズアップいたしましょう。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 14

2008/04/22 21:36
光と影
光と影が織りなす明暗により、まだら模様になってしまった大輪の花たち。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 22

2008/04/21 23:52
紀伊徳川四天王
紀州藩家老三浦長門守の下屋敷であった、「夜雨荘」の三月末頃の写真です。NHKの『その時歴史が動いた』で、徳川四天王が放映されました。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 14

2008/04/18 23:10
壁のむこうに・・・。
壁を這うツタを見ると、O・へンリーの短編『最後の一枚の葉』を思い出します。この短編のラストシーンとともに、壁の向うを覗いてみましょう。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 14

2008/04/17 18:43
サイトパワーチェッカー
SitePower チェックなる面白そうなモノを発見したので、さっそくやってみることにしました。記事内容に興味のない方は、春の花の写真を添えますのでそれだけご覧くださいね。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 8

2008/04/13 21:31
青丹よし
「あをによし」とくれば、必ず引き合いに出される歌があります。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 20

2008/04/10 21:40
岩根椿
道を歩いていてふと発見した椿ですが、立札がついていて「岩根椿」と書いてありました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 18

2008/04/08 23:25
花見客満開
和歌山城の桜もこのところの冷え込みで、まだまだ頑張っています。平日で今にも降り出しそうな曇り空にもかかわらず、沢山の人で賑わっていました。本日は花よりも、人を中心に撮ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 18

2008/04/02 21:08
もうすぐ、桜の雨が・・・
この辺りでは、もうすぐ桜の花ともお別れのようです。今年は少し、変則的な桜前線でしたね。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 12

2008/04/01 20:29
枝垂桜と瓦の花鳥風月
枝垂桜の背景になっている塀に、ご注目ください。この瓦を利用した塀には、なんと花鳥風月が描かれています。本日は桜は添え物で、瓦が主役です。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 16

2008/03/31 18:36
一期一会
春は別れの季節でもあります。今日、雨の中を、ふたりの中国の友人が帰国いたしました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2008/03/30 21:38
桜と殿様〜和歌山城〜
天守閣周りの桜を見て歩きますが、本日は本丸御殿跡から出発いたします。殿様になられた気分で、桜見物をなさってください。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 17

2008/03/29 22:43
紅しだれ桜〜和歌山城大手門〜
「花は櫻木、人は武士」とよく言われますが、いよいよ桜の季節になりました。和歌山城は、七分咲ぐらいです。城内の縄張りに合わせて、桜をご紹介していく趣向です。まずは大手門を入ってすぐ右手にある、紅しだれから。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 20

2008/03/27 21:43
名残の梅〜和歌浦天満宮〜
梅の花もそろそろ終わりですので、名残の梅を観に和歌浦天満宮に寄ってみました。ご本殿前の梅です。もうほとんど散っていますが、枝先でこれから咲こうとする蕾もまだあります。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 18

2008/03/25 22:15
花はどこへ行った
もう愛でる人は誰もいませんが、今年もたくさんの花が咲き始めました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 18

2008/03/23 19:25
春の妖気
どこかで、雨宿りしなくては・・・。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 16

2008/03/20 20:41
寒緋桜レポートU
まだ開花しきらない寒緋桜を、もう一度応援いたしました。最初の寒緋桜レポートから一週間経ちましたが、なかなかのんびり構えておられます。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 18

2008/03/18 19:11
夜雨荘の紅白の花
廬山夜の雨 草庵の中 終身膠漆の心 応に在るべし 白居易 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 24

2008/03/17 20:13
寒緋桜レポート
昨日の花の応援団Uの特別ゲストは、箕面からお越しの勝ダルマさんでした。このように寒緋桜の幹の影に、こっそりと隠れて応援していただきました。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 18

2008/03/11 20:52
花の応援団U
もう少しで咲きそうな花を、もう一度花の応援団で盛り上げます。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 18

2008/03/10 19:00
静寂(しじま)
静かな小径・・・。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 12

2008/03/09 19:34
ブログイメージ
豊後梅の花を扉写真に使用していますが、ブログイメージについての内容です。ブログ解析をしてから10日経ちましたので、どのように変化したか確認してみました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 12

2008/03/08 21:16
白梅三昧
白梅三昧ですので、三種の白梅の組み合わせです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 18

2008/03/07 20:43
花の応援団
タイトル名が何か聞き覚えのあるような気がしたので、検索してみたらよく似たタイトル名が出てきました。「嗚呼!!花の応援団」という、一世を風靡した漫画があったようですね。本日の内容は、「嗚呼!!花の応援団」とはまったく関係ありません。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 22

2008/03/06 20:49
鍵曲のむこうに・・・
和歌山城大手門付近の鍵曲(かいまがり)になった石垣です。この鍵曲のむこうで、二色のあるものを発見しました。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 18

2008/03/04 20:16
蒲公英と黄色い花エトセトラ
今日、和歌川河川敷で見つけた、タンポポを中心とした黄色い花たちです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 16

2008/02/04 20:25
タンポポと梅とエトセトラ
今日は暖かい一日でしたので、何の脈絡もなく植物づくしです。たんぽぽ。これは、総苞片が反っているので、西洋たんぽぽでしょう。しかし、最近は交配種が増え、この見分けも100%とは言えないようです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 12

2008/02/01 21:18
路傍のお地蔵さま
通ったことのない道を、歩いてみました。遠くからでも、黄色が目立っていた水仙の花。(これは、水仙ですよね?) ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 12

2008/01/27 21:04
不思議な池後日譚
先日の不思議池です。この滝の水源がどうしても気になるので、もう一度探索することにしました。今日はカモの代わりに、ペンギンのような鳥が岩の上にいますね。(青サギ) ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 12

2008/01/25 21:28
勝尾寺の勝ダルマ
このダルマは、勝尾寺の勝ダルマです。大阪の箕面にある西国第二十三番札所勝尾寺は、昔から勝運信仰で有名なお寺です。勝運信仰のシンボル的存在が、この勝ダルマです。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 16

2008/01/24 20:21
苔の橋
苔でできた橋ではなく、苔に覆われた橋のことです。この道は、苔の橋に続く道です。苔の橋は、この静かな森の中にあります。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 10

2008/01/23 20:21

トップへ | みんなの「花」ブログ

フラッシュサイト石見百景 ルミエル デュ ソレイユ 公式サイト 有限会社 谷古宇利和商店 淡路島不動産セントラル商事 売れ筋225・FX REVIVAL JAPAN SEO Pastel Search 相互リンク集GPR 即時相互リンク集GF PR順即リンク集Pro 和敬清寂 袋小路の四季 ページランク表示ツール AzusaGawa
OUTDOOR+ 花のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる