OUTDOOR+

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議な池後日譚

<<   作成日時 : 2008/01/25 21:28   >>

トラックバック 5 / コメント 12

先日の不思議池です。この滝の水源がどうしても気になるので、もう一度探索することにしました。今日はカモの代わりに、ペンギンのような鳥が岩の上にいますね。(青サギ)

画像

ではさっそく紀州徳川神社の横から、登ってみます。この山は天妃山という名です。こちらからでは、岩だらけの道になります。この岩石は紀州の青石と言って、ここで採掘した石が和歌山城の石垣に多く使われています。

画像

滝のほうに近寄るにも、ご覧の通りでまったく近寄れません。樹林の真下が池になります。滑り落ちそうな足場なので、ひとまず退却いたします。

画像

もう頂上に出てしまいました。上から滝の音のするほうを見ても、切り立った崖です。にも関わらず、岩と樹林で何も見えません。高所は苦手なので、またも退却いたします。水源が無いのは確認できましたので、明らかに水を循環させていることは確実となりました。

画像

反対側に下りて廻り込むことにしました。んっ、またしてもヤドリギが・・・。

画像

途中で見つけた寒椿です。山茶花じゃないですよね?

画像

大きな岩に阻まれて、下から滝のほうに廻り込むことすらできません。

画像

あれ?怪しい建物を発見しました。ドアに近づくと、中から大きなモーター音が聞こえます。
ドアは開きませんでした。しかし、水を循環させる動力源らしきものは、ここだけです。

画像

ただ、どのようなルートで循環させているのか依然不明です。地下に循環パイプを、埋没させているのでしょうか。なんと池には鯉も泳いでいたんですね。何、この白いの?

画像

わぁ、突然雪が降ってきました!もはや、これまで。完全に退却いたします。

画像

この探索中に、四組の散歩者にお会いしました。その全員の方が、水は循環させているようだが詳しくはわからないと首をかしげておられました。

mikomai




本文はここまで。引用した海外サイト等の安全性は掲載時に一応確認してありますが、リンクの開閉については自己責任でお願いします。トラックバック用URLは一番下に。

Bookmark and Share


RSS twitter flickr Youtube twilog 和敬清寂 somewhere Azusagawa 赤い傘とエトセトラ
twitter Pinterestfacebooktumblr KamiyagawaOld Days 四季徒然 FIELD WORK








Google
WWW を検索 OUTDOOR+を検索


track feed OUTDOOR+


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
目次(2008.1〜2008.2)
2008.1〜2008.2の目次です。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/05/16 12:22
OUTDOOR+ 総目次
OUTDOOR+の総目次のページです。上から順に新しいものが追加されていきます。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/05/16 14:23
大蛇(オロチ)?
この写真には、大蛇が写っています。探してみてくださいね。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/05/25 03:54
不思議池の夏〜花と鳥と亀と〜
不思議池の夏の様子です。懐かしのサッカーの木に、ピンクの花が咲きました。キックする姿は、健在ですね。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/08/06 02:16
不思議池のアオサギ
この不思議池の岩には、どうも決まったアオサギが飛来してくるようです。この池には鯉がたくさんいますが、アオサギが鯉を獲ったところをi一度も見た事はありません。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/12/05 04:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜、mikomaiさん。
寒さの中、再度の不思議池探索、お疲れさまでした。
怪しい建物発見は大収穫ですね。でも、謎が解き明かされていくと、不思議池が普通の池になってしまいそうで、ちょっと惜しい気が…。
山茶花と椿の見分け方は、花の散り方だと聞きました。山茶花は花びらが散って、椿は花ごと散ると。
その程度の見分け方しかできません。
風邪ひかないように、崖から落ちないように、お気をつけくださいね。
風鈴
2008/01/25 22:56
こんばんは〜、風鈴さん♪
雪はすぐに止んだので、大丈夫ですよ〜♪気になるものは、けっこうトコトン調べる性格がでてしまいましたね。^^
寒椿と山茶花は、ほんとに区別がつきにくいですよね。散歩している人に聞いてみると、みんなあの滝は不思議がってるようですね。
σ(゚ー^*)
mikomai
2008/01/25 23:29
こんにちは。
お、また現場に行かれましたか。それにしても1度ならず2回もmikomaiさんを現場に向かわせるとは不思議池もタダものではないですねえ(笑)
雪が降ったり、滑り落ちそうなところがあったり大変でしたね。
まさと
2008/01/26 12:03
こんにちは、まさとさん♪
前に行った時は、紀州徳川神社に気を取られてたので、見るべき箇所を見ていませんでした。^^
あとから気になって仕方がなかったのですが、天気が悪かったりで。やっと確認できました☆一度和歌山市役所で、循環システムの設計図を見せてもらおうと考えています。o(゚ー゚*o)
mikomai
2008/01/26 12:30
こんにちわ
人工?とはいえ僕もサギ君も見とれるほど・・
自然な感じですね
mikomaiさんは好奇心旺盛ですね^^
音はするけどドアは開かなかったって・・・
いけませんよ勝手に開けては・・^^

りょう
2008/01/26 14:25
こんにちは、りょうさん♪
和歌山城の石垣を採掘した時に、雨水が溜まってできた池で江戸時代からあったようです。^^
水源とか動力とかは、すごく気になるんですよね〜♪
ちなみに動力室のドアが開けば、無断侵入したかもしれませんね☆(^○^)
mikomai
2008/01/26 14:41
 私も未だに山茶花と椿の区別がつきません。
椿かですから、それもそのはずですよね!
 ポンプアップの滝とは、驚きですね・・・!
雲の上
2008/01/26 14:43
こんにちは、雲の上さん♪
ポンプアップと言うのですか。ありがとうございます。単語を知らなかったので・・・。^^
滝の近くに動力室がなく、かなり離れているんですよね♪しかも、滝の水量が豊富なので、水音も大きくて
モーター音が掻き消されています。上手く作ってあるなぁと、ほとほと感心しております☆
(^-^ )
mikomai
2008/01/26 14:58
たびたびです。その探究心がmikomaiさんの知識の原動力なのですね。いつの時も探究心は忘れたくないですよね^^
まさと
2008/01/26 22:40
こんばんは〜、まさとさん♪
はい、行動を伴わない知識は底が浅いというのが、持論なんですよ〜♪^^
自分で調べたり詳しい人に聞いたりして、自分が納得しないと、いつまでも気になるんですよね☆
(∩.∩)
mikomai
2008/01/26 23:03
青鷺・・・珍しいな〜中々、青鷺になど会えないですよw
ヤドリギ・・・またまた発見ですね。
不思議池には不思議がいっぱい。mikomaiさんだから発見できるのでしょうね。
コケコ
2008/01/28 13:38
こんにちは、コケコさん♪
はい、青サギは、こちらでも珍しいです。この場所へ行ってすぐに、空から降りてきて歓迎してくれました☆^^
ヤドリギは、なんでこんなに多いのかと思うほど多いですね。最近は空のほうを見上げて歩く癖がついてしまって、すれ違う人もみんな空を見上げるのを面白がっております。(^0^)
mikomai
2008/01/28 16:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
不思議な池後日譚 OUTDOOR+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる