OUTDOOR+

アクセスカウンタ

zoom RSS 関山〜八重桜〜

<<   作成日時 : 2008/04/22 21:36   >>

トラックバック 3 / コメント 14

画像

八重桜といえば、この関山(かんざん)が有名です。昨日の「光と影」では紅白の牡丹の写真に挟まれて窮屈そうでしたので、今回クローズアップいたしましょう。

呼び名はカンザンですが、学名はセキヤマなんですね。その由来が知りたくなったので、少し調べてみましたがわかりませんでした。学名に名を残した、関山さんという人物が推測されますが・・・。

画像

関山といえば、関山慧玄(かんざんえげん)を連想します。南北朝時代の臨済宗の高僧で、明治天皇からは無相大師号を贈られました。京都妙心寺開山として知られ、臨済宗の法系「応灯関」のひとりとして称えられています。

この関山慧玄と八重桜の関山は、どうやら関係ないようですね。桜の関山という名の由来について、ご存知の方がございましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。

画像

発見!関山は椿の花のように、ポトリと落ちるのですね。何かの拍子に、落ちたのでしょうか?桜吹雪の状態を、見た記憶もあるし・・・。

mikomai       目次




本文はここまで。引用した海外サイト等の安全性は掲載時に一応確認してありますが、リンクの開閉については自己責任でお願いします。トラックバック用URLは一番下に。

Bookmark and Share


RSS twitter flickr Youtube twilog 和敬清寂 somewhere Azusagawa 赤い傘とエトセトラ
twitter Pinterestfacebooktumblr KamiyagawaOld Days 四季徒然 FIELD WORK








Google
WWW を検索 OUTDOOR+を検索


track feed OUTDOOR+


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
OUTDOOR+ 総目次
OUTDOOR+の総目次のページです。上から順に新しいものが追加されていきます。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/05/18 02:27
目次(2008.3〜2008.4)
2008.3月〜2008.4月の目次です。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/05/19 13:34
明鏡止水
和歌山城内の紅葉渓も、新緑の美しい季節になりました。写真は紅葉渓庭園の、鳶魚閣(えんぎょかく)遠景です。この景色から「明鏡止水」という言葉を連想しました。 ...続きを見る
OUTDOOR+
2008/05/25 02:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 この場所の桜も素晴しいですね。
 花弁が一枚ずつ落ちるとばかり、種類によって異なるのですね!
駐車場のこと・・・後程知りました。
 でも楽しんで来ましたから、大丈夫です。
本日藤の花が開花しておりました、満開までには一週間くらいは必要でしょうか。
 何時も有難うございます・・・!
雲の上
URL
2008/04/23 20:20
むむ。。。調べたけれど何も解らなかった〜です!
里桜系というアバウトさ。。。改良されて沢山の種類があるのできっと関山さんという人の名前なんじゃないでしょうか。。。豪華な桜ですね。重さに耐えかね
ポトンと落ちたのかな?でもまだ八重桜は頑張っていますねe...
コケコ
2008/04/23 22:51
おはようございます。
八重桜も綺麗ですね
垣間見える空の色とお互いを引き立ててる感じです
花は心癒されるのが一番でしょうか
頼りなくも検索などしたのですが
花びらの塩漬けにたどりついてしまいました
ぽとり・・・落ちる姿はやはりサクラの心でしょうか
りょう
2008/04/24 08:51
かんざんと言うと、寒山拾得かな〜〜
ところで八重桜 寒山は桜茶に使われる種類で、昔お見合いして、この人好きだな〜〜〜と思うと、桜茶を飲んだそう。ほんとか、うそか 真偽の程は??
塩漬けにした桜 あまり美味しくありません。
しじみ
2008/04/24 14:18
こんにちは。
欧米人が最も好む桜だそうですが、「関山」も今が真っ盛りですね。今年最後の桜かな?
「関山」の名の由来?存じ上げませんね。とても難問。調べておきます。
庵主
2008/04/24 15:26
雲の上さん、こんばんは〜♪
ありがとうございます。和歌山へのご旅行は、雨で残念でしたね。落ちていた桜は、不思議ですね♪^^たしか桜吹雪になっているところを見た記憶もあって、椿の花のようには落ちないと思うので少し記事を修正しました〜☆
mikomai
2008/04/24 20:44
コケコさん、こんばんは〜♪
お調べいただきまして、ありがとうございます。おそらく、関山さんと言う名前に因んでの学名でしょう♪^^ポトンと落ちたのは、仰るとおり重さが原因かもしれませんね。発見した時は、ピンクのティッシュかと思いました☆
mikomai
2008/04/24 20:50
こんばんは〜♪
綺麗な八重桜ですね〜。
「関山」ですね、私も先日撮ってきました。
「普賢象」という種類もありました。
名前の由来は調べると面白いかもしれませんね。
SHIGE
2008/04/24 21:12
りょうさん、こんばんは〜♪
お調べいただきまして、ありがとうございます。青空を背景にすると、画像容量が大幅に節約できるのですヨ〜♪^^樹木を背景にすると、悲惨なほど容量が必要です。八重桜の花びらは、塩漬けに使用されているのですね☆
mikomai
2008/04/24 21:18
しじみさん、こんばんは〜♪
お調べいただき、ありがとうございます。はいカンザンという語感からは、真っ先に「寒山・拾得」を連想しますよね♪^^その桜茶のお話は面白そうで、興味をひかれます。確かに塩漬けの桜は、美味しくなさそうですね☆
mikomai
2008/04/24 21:35
庵主さん、こんばんは〜♪
お調べいただけるそうで、ありがとうございます。確かにヨーロッパ人が、好みそうな感じですね♪^^薔薇の雰囲気を、残しているからでしょうか。桜で今も咲いているのは、この辺りではもう関山だけかもしれませんね☆
mikomai
2008/04/24 21:48
SHIGEさん、こんばんは〜♪
ありがとうございます。「普賢象」とは、なかなか良い名前の桜ですね♪^^象に乗った普賢菩薩に因んだ感じですが、興味深々な名前です。SHIGEさんの写真で、「普賢象」を拝見させていただきます。由来も気になりますね☆
mikomai
2008/04/24 21:56
こんばんは☆
「光と影」と併せて拝見しました☆
無相国師と並んで語られると、何だか“禅”な感じに八重桜が写ります^^ 
房ごと落ちるとは、普通の桜とは散り方が違いますね。ますます禅な姿です!
冬の月
2008/04/29 21:18
冬の月さん、こんばんは〜♪
ありがとうございます。花の散り方が気になりましたので、あとから確認してみました〜♪^^基本的には桜吹雪のように一枚ずつ散るみたいですが、このようにポトンと落ちているのもかなりあります。これもまた、禅的ですね☆
mikomai
2008/04/29 23:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
関山〜八重桜〜 OUTDOOR+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる