養翠園表門

国の名勝指定を受けている、紀州徳川家の西浜御殿付属の養翠園(ようすいえん)の表門です。約1万坪の大名庭園で、NHKの大河ドラマ『八代将軍吉宗』のロケ地として使われたこともあります。

画像

第10代の紀州藩主徳川治宝侯の命により、庭園全体が中国の西湖をモデルとして造られたようですね。海水を庭園の池に取り込む汐入り池が特徴で、汐入り池を有する庭園は東京の浜離宮庭園とこの養翠園だけだそうです。

下の写真は以前、「章魚頭姿山から」で使用したものですが、全体がわかりやすいので再掲いたします。川沿いの緑の濃い部分が養翠園で、北に伸びている林は水軒堤防です。クリックで、少しだけ拡大いたします。

画像

この石柱に由来が、ごく簡単に刻まれています。庭園内部の様子は写真を整理のうえ、追って別記事にてご紹介させていただきます。本日は表門だけで、文字通り門前払いということに相成りました。

画像

どうしても門内に入りたい方は、こちらの養翠園のHPをご覧ください。詳しく解説されております。
 「名勝」養翠園

mikomai       目次

この記事へのコメント

  • SHIGE

    こんばんは~♪
    養翠園は約1万坪ですか、広いですね。
    2番目の写真は以前見ましたが、緑の敷地は養翠園だったんですね。
    汐入り池、浜離宮で私も見ましたよ。
    2008年05月07日 20:44
  • りょう

    こんばんは。
    真ん中の写真で汐入り池とか納得です
    全体像が初心者にはとても助かります
    中の様子が楽しみになってきました
    次回は何卒お目通りをm(__)m
    2008年05月07日 22:19
  • mikomai

    SHIGEさん、こんにちは~♪
    ありがとうございます。この広さでも、元々は一家臣の下屋敷だったわけですから驚きですね♪^^中国の西湖がモデルらしいのですが、西湖も浜離宮庭園のどちらもまだ見たことが無いので、ぜひ一度見てみたいものですね☆
    2008年05月08日 17:08
  • mikomai

    りょうさん、こんにちは~♪
    ありがとうございます。今でこそ川のように見えますが、昔はもっと浜が深かったので少しイメージしにくいかもしれませんね♪^^最近は画像容量が気になるので、節約のための選定作業に手間取っております。今しばらくお待ちを☆
    2008年05月08日 17:14
  • 風鈴

    こんばんは。
    海水の入った池ですか。浜離宮に行った時はまったく意識もしませんでした。珍しいものだったのですね。
    待ちきれずに養翠園のHPから少しだけ、のぞき見しました。楽しみですね♪
    2008年05月08日 19:20
  • mikomai

    風鈴さん、こんばんは~♪
    ありがとうございます。汐入り庭園は、意外と少ないですね。庭園木や池の魚類の関係で、維持管理が難しいのかもしれませんね♪^^写真の洪水で整理不能状態です。片っ端から載せれれば楽なんですけど、容量の問題で四苦八苦です☆
    2008年05月08日 21:20
  • コケコ

    中に入りたくなるような門構えの建物。。。
    ですので中に入りましたよ(笑)広いですね~
    汐入の庭園も浜離宮とここだけなのですね。。。
    感慨深いもの見せて頂きました。。。
    2008年05月08日 22:50
  • mikomai

    コケコさん、こんばんは~♪
    ありがとうございます。大身の武家屋敷に多い長屋門が、立派ですよね。門から少し庭園が顔を覗かせているので、つい誘われてしまいます♪^^汐入庭園が二箇所しかないことは意外でした。見慣れた者の錯覚でしたね☆
    2008年05月09日 19:57
  • 冬の月

    こんばんは☆
    「門」を見せられると、やはり入りたくなるのが心情・・なので「名勝 養翠園」のページ見させてもらいました^^ 「紀州徳川家譜概表」なんてものもあって楽しかったです。ありがとうございます。
    2008年05月10日 21:58
  • mikomai

    冬の月さん、こんにちは~♪
    ありがとうございます。回遊式の大きな庭園は、写真紹介が難しいですよね♪^^誰が撮っても同じようになりますし、違いを見せるとなると細部にも拘るから枚数が多くなってしまいます。枯山水とか坪庭のほうが、紹介しやすいですね☆
    2008年05月11日 12:27
  • 履歴書

    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。
    2012年09月09日 12:47

この記事へのトラックバック

五百羅漢寺の山門
Excerpt: 秋葉山の南麓の和歌浦東にある、曹洞宗五百羅漢寺の山門です。こちらも紀州徳川家に所縁のあるお寺で、明和元年(1764年)に8代藩主重倫公により建立されました。ご本尊は、重倫公のご母堂清信院様です。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-05-20 22:30

OUTDOOR+ 総目次
Excerpt: OUTDOOR+の総目次のページです。上から順に新しいものが追加されていきます。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-05-30 10:36

目次(2008.5)
Excerpt: 2008.5月の目次です。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-05-30 16:10

天神山から
Excerpt: 天神山からは、思いのほか視界が開けてました。大峯奥駆道の「西の覗き」風に「天神の覗き」としたかったのですが、どうも「覗き」だけが独り歩きしそうなのでごく普通のタイトルで。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-06-03 03:34

玄武たちの宴会
Excerpt: ここに同じ爬虫類の蛇が絡んでこないと、とても玄武とは言えませんね。要は亀の甲羅干しです。亀はこのように、日光浴が大好きです。猿沢池の七不思議の案内から、少し池の中に入った所が彼らの社交場です。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-06-21 02:57

気になる木
Excerpt: 新緑の季節になってから、ずっと気になっていた木を見に行って来ました。久しぶりに和歌山城が顔を覗かせておりますが、今回は御橋廊下手前の樹が主役です。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-06-25 01:30

養翠亭の左斜め御廊下
Excerpt: 回遊式庭園養翠園の一角にある、紀州徳川家の御茶屋養翠亭です。養翠亭前の池は、潮の干満を利用して海水を取り込む汐入り池ですね。以前ご紹介した「養翠園表門」の続編です。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-10-18 13:08

湊御殿~紀州徳川家別邸~
Excerpt: 紀州徳川家の別邸、湊御殿です。現存しているのは寝殿部分だけで、養翠園に移築保存されています。養翠園の第3弾ということになります。
Weblog: OUTDOOR+
Tracked: 2008-10-26 02:03