隠れモナリザの微笑

モナリザの左上に小さく書かれているように、twitrbackgrounds.com提供のツイッター用背景画像の一部です。 画像の元サイズは1994×1000と大きめなので、通常のプレビューシーンは下のようにごく普通なのですが・・・。 ダウンロードしてみて、ビックリ!まるで鏡で映したかのように、反対側を向いたもうひとりのモナリザがいました。人間の顔は厳密な左右対称ではないので、…

続きを読む

丘陵と海辺の風景

flickrで見つけた何の変哲もない風景写真なんですけど、なかなかイカした名前がつけられております。 コチラの丘陵地帯は、ハイラル平原。ゼルダの伝説によりますと、地球上のどこかにあるらしい。 で、コチラの浜辺がクッパビーチ。クッパ!? これはどうも、カリブ海に浮かぶ島のようですが・・・。 次回につづく・・・。 mikomai

続きを読む

Moria RoadとAbbey Road

Moria Roadは、映画ロード・オブ・ザ・リングに登場した地下坑道の名。ザ・ビートルズのアルバムAbbey Roadのジャケット写真はパロディ.が多いことでも有名ですが、flickrで見つけたMoria RoadもやはりAbbey Roadのパロディでした。ちょっくら比べてみましょう。 画像:Abbey Road 画像:Moria Road 四人の表情や服の色なんかは、概ね…

続きを読む

Halloween costume

手作りのハロウィン衣装は、シャネルのバッグとな? 制作過程の動画もあって、採寸されているイヌの姿はなかなか可愛いのですが・・・。 Beckerman BitePlate D.I.Y Chanel Bag Dog Costume!より。 喜んでいるのは人間だけであって、イヌたちにとっては大きな迷惑だったかもしれない。 mikomai

続きを読む

歓喜天単身立象

まずは、久々に花の写真から。歓喜天は秘仏だから、隠しておかなきゃね。 タイトルに偽りなし。仏像じゃなくて、立っている象だから立「象」。歓喜天は仏教守護の天部神で、聖天さんと同じ。象頭人身で抱き合った形の双身像が多いことから、秘仏扱いにされています。 そのモデルは、ヒンドゥーの神ガネーシャ。自ら片方の牙を折って月に向かって投げたという伝承から、ガネーシャ像の多くは右牙が折れてい…

続きを読む

滝にあらず

一応、水の壁ですけど、滝ではありません。 要は90度回転しただけですニャ。BARNORAMA"90"より。 黒い線があることで、プールだとすぐにバレたかも・・・。ニャハハ♪ mikomai

続きを読む

花束をどうぞ♪

パロディです。一枚目の花の写真は単なる目隠しで、主役はもちろん次の写真。 はい、花束のプレゼントォ♪ この写真の原題は、Bucktooth is in Love。なかなかオシャレで、粋な写真ですニャ。 mikomai

続きを読む

ラクガキのある風景

ラクガキの多い塀ですね、まったく。ここは、いったいドコなの?塀の中央付近にある掲示板、その下の金網にご注目ください。 人が・・・裸で・・・横たわっている・・・ひょっとして! 実はコレ、ステッカーなんですって!良くできてますよね~♪らばQさんで、紹介されていました。 らばQ 見た瞬間ギョッとしてしまう不気味なステッカー⇒http://labaq.com/archi…

続きを読む

土星花火

どこかで見たような画像の中に、土星の形をした花火が。。。 無料ブログパーツ工房さんの花火パーツに、追加バージョンが出ていました。しかも、前のシリーズと併用して使えるそうな。。。ということは、今度のパーツのほうが軽いのかな?説明をそのまま引用すると次のとおり。 花火Aと組み合わせ使用もできます。 ただし、A同士、B同士での組み合わせはできません。 必ずA1つ、B1つの組み合わせ…

続きを読む

ブログ免許証

ブログに免許は必要ないのですが。。。 浦島四郎さんの「時の流れに風を感じて」で、ブログ免許証なるものを発見しました。面白そうなので、さっそく試してみたのがコレ♪用意された画像の中から選んで作成しました。 手持ちの画像も自由に入れられますので、今度はゴールド免許にしてみました。 興味のある方は、無料バナー作成工房さんまで。次のリンクでどうぞ♪ 無料バナー作成工房 素材…

続きを読む

百鬼夜行

カタシハヤ エカセニクリニ タメルサケ テエヒ アシエヒ ワレシコニケリ Wikipediaー百鬼夜行に掲載されていましたが、『拾芥抄』(しゅうがいしょう)を出典とする百鬼夜行よけの呪文だそうです。最後の「ケリ」で気づいたのですが、「テエヒ」と「アシエヒ」をひとかたまりにすると五七五七七の和歌の形式になります。 百人一首風に詠んでも、なかなか語呂がよい感じです。ひょっとすると、暗号か…

続きを読む

青空に凌霄花

凌霄花は、夏の季語だそうです。凌霄花って、普通まず読めないですよね。 んっ?のうぜんかずらにしては、葉っぱが違わない?つる性植物ですから、ほかの樹に絡みついています。 ほんとは、こんな葉っぱです。雲ひとつない青い空が、とてもよく似合う花ですね。 電線が、入ってしまったので。。。 「ふ~じこちゃ~ん、電線を盗ったら、泥簿だよ~。」 「また、…

続きを読む

ヒマラヤから来た姫君たち

ヒマラヤという名の国は、存在しないのですが。。。 この花の名前は、姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)。ぷッ・・・。姫の字を用いるなら、もっと可愛い名前にしてあげてほしかった。。。 Wikipediaーヒメツルソバより。短いので、まるごと引用。 ヒメツルソバとは、タデ科の植物の一種。学名Persicaria capitata(シノニムCephalophilon capitatum,Poly…

続きを読む

晴・紫陽花散々

雨がよく似合う紫陽花を、よく晴れた日に撮ってみると。。。 花の部分が、一段とカリフラワーやブロッコリーに見えてしまうのは・・・気のせいでしょうか? 日当たりが苦手な紫陽花にとって、天気の良い日は散々な一日なのかもしれませんね。去年の「雨・紫陽花色々」の海賊版でした。 mikomai コメント欄はありません。。。

続きを読む

寺町の風景~山門の中にも、また山門~

お寺が集中している、寺町ならではの風景と言えるかもしれませんね。 地図で見ると、この位置から撮っています。航空写真だと却ってわかりにくいので、普通の地図で。。。 この両方のお寺につきましては、別記事を予定しています。ですから固有名詞は敢えて記載しませんので、地図でご確認ください。中の様子も、ちょっとだけね。 三つある楕円形の隙間は、紋様なのか覗き窓なのか。。。☆^^ …

続きを読む

紋は紋でも・・・

面白い紋を発見しました。家紋ではなくて、個紋というそうです。個人の紋ということでしょうね。これは桜の紋で、鬼太郎のお父さんではないですよ。 気に入った個紋をいくつか貼り付けてみました。これらは『うちの個紋』さんで、ダウンロードできます。ほかにも色々ありましたので、興味のある方は下記のリンクでどうぞ。。。 うちの個紋図鑑 次は、あらいぐま。尻尾が特徴です。後ろ向きの姿が、とても可愛い…

続きを読む

動くカウンター

カウンターの数字が動かなければ、もちろん壊れているわけです。では、カウンターの数字が転がったり落ちて来るのは、何と言ったらいいのでしょうか。。。 興味のある方は表示されているカウンターをクリックすれば、「動くアクセスカウンター」というサイトにリンクしています。そこで色んなパターンが選べますが、数パターン同時に貼り付けるとこのように騒々しい感じになってしまいます。 アクセスカウンター …

続きを読む

真央ちゃんスマイル~NHK杯~

久しぶりの真央ちゃんスマイルでしたね。AFPBB News を、みんなの真似して貼ってみました。ブログペット記事だけのブログを見たことがありますが、AFPBB News だけを貼り付けているブログもあるかも。。。 う~ん、ニュースを貼り付けてしまうと、あまり書くことがなくなってしまいますね。。。真央ちゃんはトリプルアクセルを2回もジャンプしたはずなのに、ジャッジは少し厳しすぎないか…

続きを読む

伊賀の伝統工芸品

伝統伝承館に展示されていた伝統工芸品から、幾つかをピックアップしてみました。旧伊賀国ですから藤堂藩の奨励や保護はもちろんですが、なかには紀州徳川家の保護を受けて発展した工芸品もあります。 伝統伝承館の説明ボードに従がい、それを青文字で引用してあります。各協同組合名には補足説明していただけるサイトをリンクしてありますので、興味のある方はそちらのほうもご覧くださいね。 【伊賀傘】 藩政…

続きを読む

鳴かぬなら~信長の、君への想い~

面白いものを、「まぢギレ:勢いで診断とか占いとか。」さんで見つけました。名前を入力するだけで、「信長の、君への想い」という診断ができます。で、さっそく明智光秀からやってみると。。。 いきなり、大当たりですよ、コレ~!本能寺の変は、やはり信長の光秀イジメが原因だったみたいですね。次は本能寺の変で、信長とともに討ち死にした森 蘭丸では。。。 あはは♪^^いかに信長が小姓の蘭丸を頼…

続きを読む

綾鷹の紋~KAMONジェネレーター2~

名前と成年月日だけでユニークな家紋が作れる「綾鷹KAMONジェネレーター2」で、色々と遊んでみました。ひとつめは亀甲の内に蔦ですが、これは伝統的家紋にも引けをとらない風格がありますね。 作成された家紋には、占いもついているんですよ。 【ツタ紋】 他人に頼り頼られる性質のツタ紋のあなた。良く気が利き、家庭人としては最高の性格と言えます。そんなツタ紋の今後は・・・天候に要注意。雪、雨、雷…

続きを読む

花の中の猫

花の中に、猫が隠れています。じっくりと、探してみてくださいね。 見つからない?では、次の花で。。。 まだ見つかりませんか? これは、いよいよ忍猫でしょうか? アッ!簡単に、見つかってしまったニャ~。花の写真とにらめっこされた方は、お疲れ様でごさいました。 それでは、この猫が眺めていた花は、どの花でしょう?これも簡単ですよね。。。☆^^ mi…

続きを読む

青龍のいる手水舎

ある寺院の手水舎にいる青龍です。なかなか可愛い青龍で、口から火のかわりに水を出してくれます。手水舎は「ちょうずや」とか「てみずや」と読んで、どちらでも良いようですね。 青龍や朱雀などの四神は四獣と言われ、中国では古くから天の守護者として信じられてきました。これとよく似たものに、須弥の四洲を守護する仏教上の四天王があります。 四という数字からすぐに連想できるものは、四方八方という方…

続きを読む

秋の色はどんな色?

季節に色をつけるのは人それぞれの想いがあって、一概には決められないですよね。今回は途中でチョコチョコ脱線しますので、振り回されないようにご注意願います。 古代中国から伝えられてきた五行説では、季節に対応する四神があって各々に色が割り振られています。それによると、秋は白虎ですから白ということになるようです。なぜ白なのかは、大いに疑問のあるところなのですが。。。 個人的には落ち葉…

続きを読む

ヤドリギのようなアサガオ

アサガオがつるを伸ばして木の枝を這い、日当たりの最も良い場所で咲いていました。つる性植物の面目躍如と言ったところですが、まるでカラフルなヤドリギのようですね。 しばらく旅行していた関係で、少々ピンボケ状態です。。。☆^^日付を遡っての更新になりますので、コメント欄は閉じておきます。 mikomai       目次

続きを読む

前世占い

前世占いというのがあったので、さっそくやってみると・・・。 路上の石とはあまりに情けない結果だったので、もう一度本名でやり直してみました。「約400年前のメキシコに生まれた裁判官です。」とのことで、何とか人間に復帰することができたようです。興味のある方は、下記のURLでどうぞ。。。 前世占い  http://bluesnap.jp/unique/zense.htm この前世占いは、…

続きを読む

花畑のウォーリーをさがせ!

再び遺伝の法則を連想しそうな写真ですが、この写真ではなく2枚目の写真をじっくりご覧になってください。 次の写真の中には、違う花がコッソリ混じっています。その花が、今回のウォーリー君です。見つかるかなぁ? Where's Wally?(2枚目の写真だけ、クリックで拡大します。) すぐに、見つかったでしょう?かつて一世を風靡した絵本、『ウォーリーをさがせ!』が発刊されてから、も…

続きを読む

メンデルの花壇

街路にある花壇です。次のようなパターンで、連続で植えられています。いかにも意味あり気な並び方に、思わず笑ってしまいました。 ふむふむ。。。 ほ~? やっぱり!! なんとなく遺伝の法則を、連想させるこの花壇。メンデルの花壇と、呼びたくなりますね。。。と、いうだけの、誇大タイトルでした~☆^^ mikomai       目次

続きを読む

笑う紫陽花

笑ってるわけじゃないの~。暑くて、目が廻っちゃっただけなのよ。 オタフクやらオカメやらの別名を持つ、渦紫陽花です。笑ってるように、見えますよね。聞くところによりますと、この渦は病原菌によって生じた突然変異だそうですよ。これこそ、アバタもエクボ。偶然の賜物ですね。。。☆ (さすがに、一週間も歴史モノを続けてヘタったので、恒例の手抜き&息抜き作戦です。少しピントがズレているので、…

続きを読む

雨の日のコラボ

雨の日の写真に、今回はさらに詩と歌を組み合わせて遊んでみました。さて、有名な詩と歌に、写真がどこまでついて行けるかが問題ですね。ブログが重くて音楽はつけられず、歌といっても歌詞の一部だけですが。 雨にも負けず 風にも負けず・・・ Listen to the rhythm of the falling rain, ・・・日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩…

続きを読む