安曇野市HPの壁紙ギャラリーから

ギャラリーには現在24枚の壁紙があり、サイズは各々1024×768, 1280×800, 1280×1024の3種類。そのなかから、雪景色2枚をピックアップ。 【冬の拾ヶ堰】 【御宝田遊水地】 安曇野市ホームページ 壁紙ギャラリー ⇒ http://www.city.azumino.nagano.jp/kabegami/index.html mikomai

続きを読む

善光寺4つのトリビアとは?

Facebookのタイムラインを眺めていて見つけた「長野 善光寺 4つのトリビア あなたは全部知ってる?」という画像。長野ウラドオリFBさんから。 二つめの写真のお地蔵さんについてはまったく知らなかったのですが、「むじな地蔵」という名で平城遷都1300年祭マスコットキャラクター「せんとくん」を製作した籔内佐斗司先生の作だそうです。 長野ウラドオリ : 「善光寺行ったらおさ…

続きを読む

高義亭

真田家10万石の城下町、信州松代にある象山神社。その社殿近くにある二階建ての建物が、高義亭と呼ばれる建物です。 幕末の京都で暗殺された松代藩士、佐久間象山ゆかりの建物。内部には自由に入れるようでしたが、時間の関係でパスしました。 佐久間象山は当時の洋学の第一人者的存在でありながらも、その傲慢な性格が災いしてか低く評価されがちであったと言われています。現代の松代の人たちの話ぶり…

続きを読む

小諸城大手門

小諸城の大手門と小諸城址懐古園は現在しなの鉄道線によって東西に分断されていて、大手門は小諸駅から北に少し離れた場所(小諸市大手1丁目)にあります。こちらは北側、つまり城の外側から見た大手門です。 内側はこのような感じです。 小諸市の案内板がありましたので、念のため引用しておきます。 重要文化財 小諸城大手門 (平成五年十二月九日指定)  大手門またの名を瓦…

続きを読む

執念の石

川中島古戦場跡に開設された八幡原(はちまんぱら)史跡公園。その一角にある八幡社の傍らに、執念の石が祀られています。 執念の石 武田・上杉両軍三万余の死闘を展開した川中島合戦の最中、作戦の失敗から緒戦の劣勢を余儀なくされ、身辺が手薄となった武田信玄めがけて切り込む上杉謙信の鋭い切っ先に、あわや信玄も八幡原の露と消えようとした間一髪、武田軍の中間頭原大隈が、傍らにあった信玄の持槍、青…

続きを読む

穂高駅

穂高駅。撮影:2011.09.24. 松本から大糸線に乗って、安曇野観光のため穂高まで行きました。三連休中日の土曜日で好天気とあって人出が多く、始発の松本からでも座れませんでした。 【全駅駅名標シリーズ Vol.145 JR大糸線】より。 今まで穂高を「ほだか」と読んでいましたが、「ほたか」と濁らないんですね。 当然のことながら、帰りの電車はさらに混んでいました。…

続きを読む

フィンランド・ミッション宣教発祥の地

諏訪大社下社の春宮から秋宮までの旧中仙道を歩いたときに見つけたメモリアルストーン。 (長野県諏訪郡下諏訪町新町下) 1905 フィンランド・ミッション 宣教発祥の地 明治38年7月 フィンランドの女性宣教師エステリ・クルヴィネン(Esteri Kurvinen)シィーリ・ウーシィタロ(Siiri Uusitalo)の二人による日本伝道がこの地より始められた 詳しくは、日本…

続きを読む

犀川

犀川に架かる丹波島橋を通過する時に、車窓から橋の東側方面を撮ったもの。 向こうに見える橋は、国道18号線の長野大橋のようです。山の名はまったくわからないので、地図で確認してみることに・・・。 で、一番手前の山は、妙徳山ということでいいのかな? mikomai

続きを読む

西之門よしのや

善光寺に来た時は、必ず立ち寄るお店です。 お土産の善光寺みそと、西之門大吟醸を買うため・・・。 善光寺外苑 西之門よしのや ⇒ http://homepage2.nifty.com/nishinomon/page/index.html 東側の昔ながらの佇まいが、なかなか絵になりますニャ 昔のよしのや写真館 ⇒ http://homepage2.nifty.com/…

続きを読む

ホクト文化ホール

長野県県民文化会館は、現在ホクト文化ホールという名称になっています。 長野県が募集したネーミングライツ・パートナーに応じ、ホクト株式会社がその命名権を取得したからです。 ホクト株式会社ではピンと来なかったのですが、「きのこの唄」のCMで有名な会社でした。 長野県県民文化会館のネーミングライツの有効期限は、2009年4月1日から3年間とのことです。 公共施設…

続きを読む

長野駅東口にて

この花はたしか・・・。 昼咲月見草だったかな?2011.5.26撮影。 JR長野駅東口周辺は今、再開発中。道路工事を横目に見ながら駅舎の写真を撮ったわけですが、そのとき足元に咲いていた花。 mikomai

続きを読む

若里公園のナンジャモンジャの木

この木が若里公園に植えられているのは以前から知っていましたが、花が咲いた姿を見るのはもちろん初めてです。 ヒトツバタゴ(一つ葉のトリネコの意)。別名ナンジャモンジャの木。学名のChionanthusは雪花を意味するそうで、たしかに白い花がたくさん咲いた姿は雪を被ったように見えますニャ。 撮影日は2011.5.26。ホクト文化ホール南側にて。 自生しているヒトツバタゴ…

続きを読む

善光寺郵便局

長野大門町にある善光寺郵便局。建物は正面からあまり撮らないのですが、坂の勾配がとてもよくわかるので・・・。 場所はコチラ。 現在の善光寺郵便局の建物は、かつて旅館だったとのこと。昔ながらの郵便ポストが良く似合います。 <参考>『長野・門前暮らしのすすめ』~小林竜太郎の門前町・昔ものがたり 019 善光寺郵便局は旅館だった~ ⇒ http://www.monzen-…

続きを読む

女神湖

信濃には 八十の群山 ありと云へど 女の神山の 蓼科われは 女神像の台座に刻まれている、伊藤左千夫の歌です。女神像のむこうに、広がっている水面が女神湖ですね。アップロードしたままお蔵入りしていたもので、撮影日は4/27です。 雨境峠で降り始めた雪は、ここに着いたときはこの状態でした。雨境峠の荒れる神に、祟られたのかな?それにも負けす、湖岸を一周してみることに。。。 女神…

続きを読む

大胆にして繊細

松本城 シーン3 堀 鳥も大型になると頭脳が大きいせいか、人間のような行動をとることがあります。                                       (ほんとかなぁ?) こちらがひとりだと、大胆にも近寄ってきます。                                   …

続きを読む

天守から眺めた松本盆地

松本城の天守から眺めた、松本盆地の四枚の写真です。名探偵コナンくんになって、方角を推理してくださいね。写真は撮った順番どうりに並べ、その撮影時刻も表示しておきます。 ① 10:03:18 右手のほうに、ゆるやかな傾斜がみられますね。 ② 10:04:19 おぉ~、旧開智学校が、正面に見えていますよ。地図を見れば、すぐに方角がわかります。 周辺地図を、ここに貼って…

続きを読む

松本城ふたたび

この位置から眺める松本城が、なぜかすごく気に入っています。平面的な構図にも関わらず、櫓の配置から奥行きが感じられるのも魅力的ですね。 お堀の水に映る姿も美しく、青い空がとてもよく似合います。国の宝と呼ぶのに、ほんとに相応しいお城ですね。 昨年の「 松本城にゆかりの大名家 」の時は春でしたが、今回は冬の写真です。どちらの時も、青い空が印象に残っています。次は夏の暑い日に訪れてみ…

続きを読む

雨境峠の荒れる神

雨境(あまざかい)峠で、早朝に雲海が見えるかもしれないとのこと。大急ぎでやって来たら、着いた途端に雪が降ってきました。何かの祟りでしょうか。。。 このあたりは立科町の文化財に指定されているそうで、教育委員会の説明板がありました。写真は拡大しませんので、書き写しておきます。興味のある方は、ご覧ください。 立科町文化財 雨境峠と勾玉原  五世紀後半から六世紀にわたり人々の間…

続きを読む

夜の湖と四月の雪

たしかに肉眼ではキラめく湖面が見えているのに、写真に撮るとこのとおり光しか見えませんね。さて、長野県にあるこの湖は、いったいドコでしょうか??? 次の写真はピンボケ気味ですが、湖岸のおおよその雰囲気がでています。白く写っているのは、ホコリでもUFOでもなく雪なんですよ。ちなみに撮影日は4/25です。 撮影場所の地図を貼付しておきますね。 中央道の諏訪湖SAからの撮影でし…

続きを読む

立科三望台

長門牧場から車で少し走ると、立科三望台があります。そこから見た浅間山ですが、山頂付近の雲がちょっと邪魔ですね。 三望台の説明板です。写真サイズが小さくので、念のため下記に引用しておきます。  立科町は、長野県の東部、北佐久郡の西端に位置しており、日本全体からみると、ちょうど真ん中あたりにあるのです。南北23km、東西0.05~7kmと南北に細長い町です。  ここ三望台は、立…

続きを読む

信州の長門牧場

標高1400mの北白樺高原にあり、広さは東京ドーム45個分もあるそうです。ここではモンゴル馬に乗馬できるということで立ち寄ったのですが、この日は生憎の強風で時折吹く突風に身体が浮き上がりそうでした。 牧場がある現在の長和町は、旧長門町と旧和田村が合併して出来た町だそうです。地名と一致しなくなると、長門牧場という名称から長門国(山口県)を先に連想しちゃいますね。 人が近寄っても…

続きを読む

信州まつもと空港

信州まつもと空港の滑走路に立っています。空港周辺の山々の景色が、なんとも清々しいですね。 4月にJAL2271便に乗った時の残り写真で、写っている飛行機がJAL2271便です。 3枚連続でご覧いただきましたが、今となっては方向の記憶がありませんので説明不可能です。 地図をお付けしますので、方角等はご推測くださいね。なお、写真はすべてクリックで、少し拡大いたします。 …

続きを読む

三ガク都 松本

松本駅前には、三ガク都松本を象徴するブロンズ像があります。三ガク都とは岳都・学都・楽都という、三種類のガクの都を意味するそうです。 松本は日本百名山のうち穂高や槍ヶ岳をはじめとして、なんと6山も有していることからの岳都です。学都は以前ご紹介いたしました、旧開智学校を代表とする、学問の都という意味ですね。楽都はもちろん、音楽の都を表わします。 こちらは地元在住の彫刻家、洞沢今朝夫さんの…

続きを読む

槍ヶ岳の開祖 播隆上人

JR松本駅前にある、播隆(ばんりゅう)上人像です。新田次郎作品の『槍ヶ岳開山』のモデルになった、浄土宗の僧侶ですね。槍ヶ岳の開祖として、よく知られています。 まず、笠ケ岳の再興を成し遂げた播隆上人は、残る人生のすべてを槍ヶ岳の登山道整備に費やします。念仏行者として、槍ヶ岳に昇るご来光に阿弥陀如来を感得したのでしょうね。 以前「JAL2271便~鳥のように~ 」で掲載したもので…

続きを読む

旧司祭館~松本市~

道路の中央に鎮座するご神木(?)の右手は、以前ご紹介した旧開智学校ですね。今回は左手の青いアーリーアメリカン風の建物に寄ってみましょう。 この建物は、旧松本カトリック教会司祭館です。設計はなんと、初代のクレマン司祭さん自らの設計なんですよ。いつもの例によって、詳しい説明は松本市の公式ホームページをご覧ください。 松本市公式HPくるくるねっとまつもと 時間の都合で、建物の中には入って…

続きを読む

空から見た日本アルプス~JAL2271便から~

松本に行った時に、搭乗した航空機から撮影した景色です。写真は大きく拡大できますので、鳥になった気分でご覧くださいね。 写真左上の時刻は、撮影時刻です。搭乗機は大阪空港9:45発、信州まつもと空港行きJAL2271便。どの辺りの上空か、予想するのも面白いかと思います。 10:14:44 10:16:54 10:17:49 1枚目の写真には、遠くに富士山も写って…

続きを読む

旧開智学校~松本市~

松本市には、日本で最も歴史のある小学校があります。明治6年(1873年)開校の、開智学校です。当初はこの建物すらなく、廃寺の建物から出発したようです。 松本市役所の公式HPの『くるくるねっとまつもと』に、写真入りで説明板よりもさらに詳しい説明があります。リンクしましたので、興味のある方はご覧ください。 重要文化財旧開智学校 この校舎は明治9年(1876年)に完成し、昭和36年に…

続きを読む

松本城にゆかりの大名家

松本城は国史跡であり、天守は国宝に指定されています。土壁の下の下見板張が、何とも形容しがたい美しさですね。 日本の宝に相応しいお城で、今となっては難しいかもしれませんが世界遺産に登録されても不思議ではありません。 戦国時代には深志城と呼ばれ、信濃守護である小笠原氏の支城のひとつにすぎませんでした。武田信玄の信濃攻略の時から松本平(まつもとだいら)の押さえとして、俄然この深志城…

続きを読む